ニット帽の選び方を紹介します。

冬の季節に大活躍のニット帽、ファッションに取り入れている方も多いと思います。
そんなニット帽ですが一体何を基準に選んだら良いのでしょうか。

・ニット帽の選び方で重要なのはフィット感

ニット帽を選ぶ際に重視したいのはそのニット生地によるフィット感。
ニット生地のアイテムはフィット感がそのまま見映えにも繋がるのでニット帽も例外ではありません。
また、そのフィット感はニット生地の良し悪しが関係してくるので
ニットが潰れているようなもの、身につけにくいものは控えるべきでしょう。
中にはそうした傾向のアイテムもあるので、コーデに加える前、購入する際は
ニット帽の内面をチェックしてみてください。

そして、出来ることならば顔の大きさ、髪型との兼ね合いも考えてみましょう。
適度にヘアスタイルを見せるようにするとファッション性も出てきます。

深々とニット帽を被った際はボトムスは軽く、ニット帽を軽く被った際にはボトムスを重く、というように
他のコーデアイテムとの関連性をつけるとファッションに全体的なまとまりが出てきます。

是非、ニット帽を選ぶ時には今回紹介したことを踏まえて、良いアイテムを選んでみてくださいね。

バンダナを洗う際に気をつけておきたいポイントを紹介します。

バンダナを洗う際、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。
いくつかのポイントにまとめてみました。

・色移りしそうなものは分けて洗う

一般的な衣類と同様に色移りのしそうなものは分けて洗うことが大事。
洗濯機を何回も回せない、という方は手洗いも併用しましょう。
バンダナ同士ならばそこまで色移りは激しく起こりませんが、
衣類と一緒に洗うと付着物が付いたり色が移る確率が上がります。

・長時間の浸け置きは出来るだけ避けよう

バンダナは薄く作られていることがほとんどなので
長時間の浸け置きは痛みやすく品質劣化の原因に繋がります。

ちなみに、長時間の浸け込みと言えども丸一日と2~4時間では余り効果の違いが無いとされているのが
一般的なので知識として頭に入れておきましょう。

こうした事から、バンダナを染み、汚れで浸け置きする際も2~4時間の間で効果が出なかったら
やり方を変えてみたほうが良いです。

また、洗濯時間についてもサッと洗う感じに留めたほうが品質劣化を減らせます。

バンダナは衣類と一緒に洗いがちですが紹介したように色移りに繋がることが多いので
洗う際にはよく考えなければいけません。もちろん浸け置きについても同様です。
長くアイテムを使い続けるためにも洗濯はしっかり行いましよう。

メンズベストの着こなし方を紹介します。

男女共に扱いやすいアイテムとして知られるベスト。
学生から社会人まで、幅広い世代に現在も着用されています。
このベストの着こなし方、一体どのようにするのがポイントなんでしょうか。
メンズベストの着こなしについて、各ポイントを下記にまとめてみました。

・ベストの生地、柄はトップスに合わせたものを使うのがポイント

ベストは生地感、柄が全面に出しやすいアイテムです。
そのため、トップスとの調和を考えないとチグハグな印象になってしまうことが考えられます。
これはもちろん、周囲からの見映えにも繋がることなのでベストとトップスの関係性は強く意識しておきましょう。

出来ることなら、ベストとトップスでそれぞれメリハリが作れるようにしておくと
全体的なコーデの土台となりやすく、他アイテムとのまとまりも感じやすくなります。

また、この場合ベストとトップス、それぞれに柄物を取り入れて
見映えを格段にアップさせる方法もオススメ。
この方法ならば好みの柄をファッションの主役にする、ということも可能になります。
柄のついた襟付きシャツ、ネクタイなどのアイテムと合わせると大人の品格もしっかり得られますよ。

小学生年齢に似合いやすいメンズトップスを紹介します。

小学生年齢に似合いやすいメンズトップス、一体どのようなものがあるのでしょうか。
下記にそれぞれの点をまとめてみました。
小学生年齢に似合いやすいメンズトップスとしてはTシャツ、またはポロシャツなどが挙げられます。
Tシャツはアクティブで元気いっぱいな印象を見せるために、ポロシャツは落ち着いててもそこまで
かしこまったイメージにならない点が魅力的です。
特に後者は胸ポケットといったチャーミングなポイントも有りますので名札などを付けていても良く似合います。

小学生年齢は基本どの衣類も扱いやすいと言えますがやはり子供らしさ、年齢相応の要素は重視しなくてはいけません。
出来る限り黒色のようなシックで暗いカラーはコーデでの扱いを減らしたほうが良いでしょう。

また、トップスを決めるにあたりその他のアイテムとの組み合わせを考えることも重要です。
例えばスポーツ系アイテムをボトムスとして扱うならばTシャツと合わせて動的イメージを出した方が望ましいですし
少しかしこまった場でお洒落をするならばソックス、ズボン、襟付きシャツの組み合わせが良いと言えるでしょう。
状況に合わせてコーデの組み合わせを考えてみてくださいね。